日本メーカーに熱い視線 イギリス航空展示会[2014/07/15 05:57]

 イギリスで世界最大級の航空展示会が開幕し、防衛装備品を扱う日本のメーカーに熱い視線が注がれました。

 政府が武器輸出三原則を緩和したことを受けて、日本企業は、今後の防衛装備品の輸出につなげようと哨戒機の模型などを展示してアピールしました。ブースには、日本の防衛産業に関心を示す関係者らが続々と訪れました。
 グルジア防衛産業関係者:「(武器輸出緩和で)日本と取引可能になり、グルジアにも日本の技術を輸入できる」
 航空ショーは20日まで開かれます。期間中には、日英間での防衛装備品の輸出や共同開発を進めるための政府間協議も行われる予定です。