警戒態勢のなか“金正恩氏暗殺の映画”全米で公開[2014/12/26 05:50]

 北朝鮮の金正恩第1書記の暗殺計画をテーマにしたコメディー映画の上映が、アメリカの一部の映画館で始まりました。テロ予告もあったため、警察が警戒するなかでの上映となっています。

 映画「ザ・インタビュー」は、公開初日の25日に全米で300以上の映画館が上映します。
 映画を観た客:「映画は思っていたより面白かった。言論の自由を支持するために来た」
 映画館マネージャー:「上映に関われて誇りに思う」「(Q.テロ予告があるが、怖くないか?)怖くなんかない。今日はクリスマスだ。何も起こらないよ」
 ニューヨークでいち早く上映した映画館では、開演前から多くの客が詰め掛けました。上映中は、観客の笑い声や歓声が絶えず、映画が終わると大きな拍手が沸き起こっていました。