野党勝てばユーロ危機再燃も ギリシャ総選挙[2015/01/25 04:01]

 ユーロ危機の震源地となったギリシャで25日、総選挙が開かれます。債務返済のため、続けてきた「緊縮財政の是非」が最大の争点です。野党が勝利すれば、ユーロ危機が再燃する事態も予想されます。

 野党のシリザ(急進左派連合)は、債務返済に向けてギリシャが進めてきた増税や公務員の削減などの「緊縮財政」への反対を掲げていて、最新の世論調査でも3割を超える支持を得ています。
 シリザ支援者(22):「(シリザは)ギリシャとヨーロッパ両方に通じる政策を持っている。シリザ以外に選択肢はない。絶対にない」
 野党・シリザが勝利した場合、債務返済のためのEU(ヨーロッパ連合)との交渉が難航し、EU側から新たな融資を受けられなくなる可能性も出ています。その場合、ギリシャの資金繰りが苦しくなり、ユーロ危機が再熱する事態も予想されます。