周辺国による交渉は?シリアとの国境付近は警戒強化[2015/01/25 17:34]

 「イスラム国」に拘束されている後藤健二さんの新たな画像が公開されました。湯川遥菜さんが殺害されたとする音声も付けられていました。シリアとの国境に近い町、トルコ南部のガジアンテップから報告です。

 (河野太一記者報告)
 トルコは過去の解放交渉で成功した実績がありますが、イスラム国内部でも交渉方針を巡って様々な意見があるとされ、水面下で交渉を続けているとみられるトルコなど周辺国にとっても、成功に導くのは難しい作業といえます。湯川さんについても、去年8月に拘束された後、当初はシリアの反体制派「イスラム戦線」が交渉にあたっていました。その後の交渉は中東のある国に引き継がれましたが、今回の事件が発覚する前に、すでに交渉は打ち切られていたといいます。一方で、シリアとの国境付近は警戒が強化され、特に、過去に人質が解放された際に使われた検問所周辺は、複数の警察官が警戒にあたっていました。今後、交渉で何らかの進展があった場合に備えた動きとみられます。