「イスラム国」運営のラジオ 日本人の殺害認める[2015/01/26 05:50]

 「イスラム国」が運営するラジオ局が25日、インターネット上で「日本人1人を殺害した」として湯川遥菜さん殺害を認める内容を配信しました。

 「イスラム国」が運営するラジオ局:「『イスラム国』は、日本に最後通告していた日本人の人質1人を殺した」
 この音声は、イスラム国が運営するラジオ局「アルバヤン」が配信したもので、「もう1人の人質は、湯川さんは殺害されたと言った」として24日に公開された画像と音声について言及しています。また、「もう1人の日本人は自分の解放と引き換えに、ヨルダンで拘束されている同胞を解放するよう日本政府に求めた」などと報じています。対策本部が置かれているヨルダンの日本大使館では、中山外務副大臣が大使館職員らとともに何度も出入りするなど、慌ただしい様子が続いています。イスラム国に拘束されている後藤健二さんとヨルダンで収監されているサジダ・リシャウィ死刑囚との交換について、ヨルダン当局との間で協議が行われているものとみられています。

(C) CABLE NEWS NETWORK 2015