中国でPM2.5急上昇、最悪レベルに 旧正月の花火で[2015/02/19 10:32]

 春節を迎えた中国では、新年を祝う花火や爆竹の影響で大気汚染が悪化しました。

 市民:「(Q.花火は大気を汚染していますか?)はい。煙は出ているので。でも年越しは1年に1回だから。やっぱり少しは、にぎやかな方が良い。花火がないと感じが出ないしね」
 大気汚染が深刻な北京では、花火の煙で汚染が悪化するとして今年から花火の販売期間が大幅に制限され、市民にも花火の量を少なくするよう当局が呼び掛けていました。しかし、大量の花火が打ち上げられる光景は例年と変わらず、PM2.5の値が跳ね上がり、大気汚染の指数は6段階で最悪レベルの「厳重汚染」にまで達しました。