安倍総理の発言、真榊奉納に 中韓が反発[2015/04/22 05:53]

 安倍総理大臣が戦後70年の談話に「侵略」や「おわび」といった言葉を入れる必要はないと述べたことや、靖国神社に真榊(まさかき)を奉納したことに対し、中国や韓国は反発を強めています。

 中国外務省・洪磊副報道局長:「(安倍総理が)どんなメッセージを出すかは、アジアの隣国との和解の進展や、日本が今後も平和発展の道を歩み続けるかの国際社会の判断に関わっている」
 中国外務省の報道官は、安倍総理の談話に侵略の歴史の直視と反省が引き続き盛り込まれることを重視する考えを示しました。安倍総理が靖国神社へ供え物の真榊を奉納したことについては、「実際の行動でアジアの隣国や国際社会の信頼を得るべきだ」と述べました。また、韓国外務省は「日本が戦後、国際社会に復帰した前提や国際秩序を否定する行為だ」と批判しました。

こんな記事も読まれています