世界遺産も…死者1300人以上に ネパール大地震[2015/04/26 05:50]

 25日にネパールで起きた大地震による死者は1300人以上に上り、首都カトマンズでは世界遺産の寺院なども倒壊しています。

 カトマンズ在住ガイド、ギータ・サプコタさん:「結構、揺れましたね。3〜4分くらいかな。町の中は今、ほとんどの古い建物が潰れています」
 日本時間の午後3時すぎ、カトマンズの北西約80kmの地点で、マグニチュード7.8の地震がありました。多くの建物が倒壊し、下敷きになるなどして、これまでに1300人以上が死亡したということです。観光名所の高さ約50mのダラハラ塔が倒壊し、見物客らが下敷きになりました。また、ユネスコの世界文化遺産に登録されているダルバール広場の寺院も倒壊するなどの被害が出たということです。ネパール政府は非常事態宣言を出し、各国に支援を要請しました。また、周辺のインド、バングラデシュと中国のチベット自治区でも死者が出ているということです。

こんな記事も読まれています