初の日系人米太平洋軍司令官 日米同盟強化を訴える[2015/06/12 18:41]

 日系人として初めてアメリカ太平洋軍のトップに就任したハリス司令官が来日し、日米同盟の強化を訴えました。

 太平洋軍・ハリス司令官:「日米は共通の価値観と懸念を共有しているだけでなく、共通の脅威に直面している。協力すればより強くなれる」
 アメリカ人の父親と日本人の母親の間に生まれたハリス司令官は、母親から義務と義理を学んだとしたうえで、「日米同盟の向上に尽力する義務がある」と話しました。また、中国による南シナ海の埋め立てについて「主権は砂の城の上に築かれるものではなく、規則や国際法に基づかなければならない」として、中国を牽制(けんせい)しました。