「ギリシャ特別扱いできない」ラガルド氏、返済要求[2015/07/09 18:24]

 IMF(国際通貨基金)のラガルド専務理事は、ギリシャについて、債務の返済をしなければ新規の融資を行わない意向を示しました。

 IMF・ラガルド専務理事:「ギリシャは深刻な危機的状況にある。真剣に迅速に取り組むことが必要だ」
 ラガルド専務理事は8日、ワシントンで講演し、ギリシャの安定や成長を回復させるためには財政改革や債務再編が必要だと強調しました。その一方で、「ギリシャを特別扱いすることはできない」と述べて、IMFの規則に従って債務の返済をしなければ、新規の融資を行わない意向を示しました。