「イスラム国」が日本の大使館攻撃を呼び掛け[2015/09/10 22:31]

 過激派組織「イスラム国」が、インドネシアやマレーシアなどイスラム教徒が多い国々の支持者に対して、日本の大使館を攻撃するよう呼び掛けていることが分かりました。

 「イスラム国」は、インターネット上に公表した機関誌の最新号の中で、「イスラム国」を敵対視する「十字軍連合」として日本を含む60以上の国や機関などを列挙しました。そして、イラクやシリア内にある「イスラム国」の支配地域に来られない支持者に向け、これらの国や機関の具体的な攻撃対象を挙げて、「近くにいる敵に聖戦を行わなければならない」と呼び掛けました。日本関連では、インドネシアやマレーシア、ボスニア・ヘルツェゴビナにある在外公館を狙うよう指示しています。名指しされた在インドネシアの日本大使館は、「内容は承知している。これまで講じてきたテロ対策を続けていく」とコメントしています。