訪米の習主席がボーイング社視察 飛行機300機購入[2015/09/24 11:48]

 アメリカを訪れている中国の習近平国家主席は、大企業のトップらに投資を呼び掛け、関係の強化を訴えました。

 習主席は23日、シアトルでアップルやゼネラル・モーターズらの幹部を前に「中国経済には大きな可能性がある」と投資を呼び掛けました。また、シアトル郊外のボーイングの工場も訪問しました。習主席の訪米に合わせ、中国企業は300機の飛行機を購入し、ボーイングは中国に組み立て工場を設立することで合意しています。
 ボーイングで働く女性:「中国に組み立て工場を造るという合意に我々は大きな懸念を持っている」
 アメリカの労働者からは、「雇用を奪われるのでは」と中国との連携強化を不安視する意見も出ています。