CIA長官の私用メール、ハッキングされ個人情報流出[2015/10/20 14:00]

 アメリカのメディアは、CIA(中央情報局)長官の私用のメールがハッキングされ、関係者の個人情報などがインターネット上に公開されたと伝えました。FBI(連邦捜査局)などが捜査を開始しました。

 CNNなどによりますと、CIAのジョン・ブレナン長官の私用メールのアカウントを何者かがハッキングし、情報機関で働く高官らの電話番号や社会保障番号などが盗まれました。情報の一部は加工されて、12日以降、ツイッター上に投稿されたということです。ニューヨーク・ポスト紙は、犯人と主張する高校生が通信会社に嘘をつき、ブレナン長官の個人情報を入手し、メールのパスワードを初期化したとしています。ブレナン長官が個人のメールに政府関連の情報などを保持していた理由は分かっていません。アメリカでは、大統領選に出馬しているヒラリー・クリントン前国務長官も任期中に個人のメールアカウントを公務に利用し、批判されています。