韓国入試狂騒曲!飛行機も止まり…白バイで会場入り[2015/11/12 11:53]

 韓国で、日本のセンター試験にあたる大学入試が始まりました。超学歴社会の韓国では、人生を左右する試験に臨む受験生に様々な配慮がなされています。

 韓国の大学修学能力試験には、全国1212の会場で63万人以上が挑んでいます。日本以上の学歴社会といわれる韓国では、カンニングを防止するため、会場が知らされるのは試験の前日です。このため、試験会場を間違える受験生が続出し、警察が白バイなどで送り届ける姿が恒例となっています。また、英語のリスニング試験が行われる時間帯は、すべての空港で飛行機の発着が禁止されます。