“クリミア併合”記念で新紙幣発行 ロシア[2015/12/24 05:58]

 ロシアは、一方的に編入したウクライナ南部のクリミア半島を描いた新紙幣を公開しました。

 ロシア中央銀行は23日、クリミアの併合を記念した新紙幣の発行を発表しました。新紙幣には、クリミア半島にあるロシア海軍の記念碑などが描かれています。今回の発行について、担当者は「政治的な目的は一切ない」と説明していますが、ロシアにはウクライナ情勢を巡って対立する欧米諸国に対し、クリミア半島が自国の領土だと改めて誇示する狙いがあるとみられます。

こんな記事も読まれています