北朝鮮“ミサイル”発射 米、韓は発射成功か確認中[2016/02/07 10:55]

 北朝鮮が日本時間の7日午前9時31分ごろ、「人工衛星」と称する事実上の長距離弾道ミサイルを発射しました。発射が成功したかどうか韓国軍やアメリカ軍などが確認を進めています。

 韓国政府によりますと、北朝鮮の北西部から長距離弾道ミサイルが発射されたことを確認したということです。発射が成功したかどうかは、韓国軍やアメリカ軍などが現在、確認を進めていますが、韓国メディアは「1、2段目の分離に成功した模様だ」と伝えています。北朝鮮は6日、国際海事機関などに対して、7日から14日の間に地球観測衛星「光明星(クァンミョンソン)」を打ち上げると通告していました。今回の発射台は去年、高さ50メートルのものから15メートル以上も増築されていて、新たな弾道ミサイルはアメリカ本土全体を射程に収める可能性があります。

こんな記事も読まれています