巨額資金を日本の防衛に費やす余裕ない…トランプ氏[2016/03/27 17:38]

 アメリカ大統領選挙の共和党の指名争いで首位を走るトランプ氏は、在日アメリカ軍について、日本が駐留経費の負担を大幅に増額しなければ、自分が大統領に就任した場合、撤退させる考えを示しました。

 トランプ氏は、ニューヨーク・タイムズとのインタビューで、外交安全保障政策について語りました。「日本や韓国がアメリカ軍の駐留経費の負担を大幅に増やさなければ、撤退させるか」という質問に対し、「喜んでではないが、そうすることをいとわない」と答えました。そして、「アメリカ政府には巨額の資金を日本の防衛に費やす余裕はもうない」と説明しました。トランプ氏はこれまでにも「日米安保条約は不公平だ」と主張してきましたが、在日アメリカ軍の撤退の可能性にまで言及したのは初めてです。

こんな記事も読まれています