日本3社連合、タイ2例目の鉄道システム受注勝ち取る[2016/03/30 19:30]

 日本の企業連合がタイで東南アジア最大級の都市鉄道システムの受注に成功し、タイの国鉄と正式に契約を交わしました。

 タイの都市鉄道システムを受注したのは、三菱重工業と日立製作所、それに住友商事の3社による企業連合です。3社は「レッドライン」というバンコクの西部から北部を結ぶ長さ40キロ余りの路線の車両や信号など、鉄道システム一式を供給します。受注額は約1120億円で、日本の企業連合による東南アジア向けの鉄道システム受注としては最大級です。今回の事業には、路線建設にも使われている円借款も充てられます。レッドラインは2020年の開業を目指しています。
 国際協力機構タイ事務所・田中啓生所長:「日本勢が実績を残して信頼を得ていくというのは、次のプロジェクトを取るために非常に大きな後押しになる」
 タイの都市鉄道に日本の車両などが導入されるのは、8月に開業予定の「パープルライン」に次いで2例目で、日本の技術が身近になり、新幹線を含めたさらなる鉄道インフラ輸出につながる効果も期待されています。

こんな記事も読まれています