オバマ大統領 広島訪問で調整 自身は明言避ける[2016/04/23 11:51]

 アメリカのオバマ大統領は、来月の伊勢志摩サミット出席後に広島県を訪問する方向で最終調整に入りました。

 オバマ大統領は、サミット終了後の来月27日に、アメリカ軍のヘリを使って広島県に移動することで調整を進めています。アメリカ政府高官は、「核兵器のない世界」を訴えた2009年のプラハ演説以降の核軍縮の成果をどのようにアピールできるかを検討して最終的に判断するとしています。共和党や退役軍人らから「原爆投下の謝罪にあたる」という批判が出るのは織り込み済みだということです。
 オバマ米大統領:「アジアについての質問は、私がアジアに着くまで待つべきだ」
 オバマ大統領は22日、広島県を訪問するかという質問に対してコメントを避けました。イギリスなどへの外遊から帰国する来週にも決定する見通しです。