94歳アウシュビッツ元看守に禁錮5年「虐殺手助け」[2016/06/18 17:47]

 第2次世界大戦中にユダヤ人が大量虐殺されたアウシュビッツ強制収容所の94歳の元看守に禁錮5年の判決です。元看守は無罪を求めていました。

 ドイツ北部の裁判所は17日、アウシュビッツ強制収容所で17万人以上の殺害に関わったとして、殺人幇助(ほうじょ)の罪に問われていた元ナチス・ドイツの親衛隊員、ラインホルト・ハニング被告に禁錮5年の判決を言い渡しました。ハニング被告は殺害には直接、関わっていないとして無罪を求めていましたが、判決は「被告はアウシュビッツ強制収容所で虐殺の手助けをした」と指摘しました。これまでの裁判で、ハニング被告は「ユダヤ人が虐殺されていると知りながら、それを止めようとしなかったことを後悔している」と述べていました。4カ月近く続いた裁判では、大量虐殺を生き抜いた高齢の生存者十数人が出廷し、収容所での悲惨な体験を証言しました。

こんな記事も読まれています