ベトナム入国の中国人 審査で旅券に落書きされる[2016/07/27 18:54]

 ベトナムの入国審査官が中国人の南シナ海の模様が入ったパスポートに落書きをし、中国側が抗議する事態となっています。

 中国のパスポートには、南シナ海に独自に設定した境界線、いわゆる「九段線」が2012年から印刷されていて、領有権を争うベトナムやフィリピンが反発しています。中国メディアによりますと、今月23日、ベトナムを訪れた中国人女性が入国審査を受けた際に、審査官がパスポートの九段線の部分に侮辱の言葉を英語で落書きしたということです。中国側は「国と人格を汚す卑劣で臆病な行為」などと非難しています。ベトナムではこのほか、中国のパスポートに入国スタンプを押さないなどのトラブルも起きています。