追悼デモ参加者はねられる 発砲、一時騒然[2016/08/11 20:06]

 2年前、黒人少年が警官に射殺されたアメリカ中西部ミズーリ州で、追悼のために集まった市民が車にはねられ、怒った人々が発砲する騒ぎになりました。

 丸腰の黒人少年、マイケル・ブラウンさんが警官に発砲された事件から2年が経ったミズーリ州ファーガソンで9日夜、市民ら80人ほどが車道にはみ出す形でデモをしていました。道路の真ん中には男性が立っている様子が見えます。次の瞬間、画面左側から走ってきた乗用車に勢いよくはね飛ばされました。乗用車はその場から離れようとしたため、怒った人々が20発以上、発砲し、辺りは騒然としました。乗用車を運転していた女性はその後、警察の捜査に協力していますが、男性の容体は分かっていません。

こんな記事も読まれています