米ヤフーにサイバー攻撃 5億件以上の個人情報流出[2016/09/23 11:47]

 アメリカのIT大手「ヤフー」は、サイバー攻撃によって利用者の氏名など5億件以上の個人情報が盗まれていたことを明らかにしました。

 ヤフーは22日、おととしに受けたサイバー攻撃によって利用者の個人情報が盗まれたとする声明を発表しました。最近の内部調査で発覚したとしています。盗まれた情報には、利用者の氏名やメールアドレス、電話番号などが含まれ、少なくとも5億件に上ります。ヤフーは、国家の支援を受けたハッカーによる犯行だとみていて、情報が流出した可能性のある利用者にパスワードの変更を呼び掛けています。アメリカメディアは「史上最悪規模の情報流出」と報じています。一方、日本のヤフーは、違う会社でデータベースも異なることから、現時点で利用者への影響は確認されていないとしています。