15世紀に建造の教会が崩れる瞬間 イタリア中部地震[2016/10/28 11:55]

 イタリア中部を襲った地震では多くの歴史ある建物が崩壊し、余震が頻発しています。住民約1000人が避難するなど混乱が続いています。

 映像は、イタリア中部カンピにある15世紀に建てられた教会がマグニチュード6.1を観測した地震で崩れる瞬間です。26日夜に起きた2度の地震では2度目の方が揺れが大きく、建物を崩壊させる原因になったとみられています。
 避難した住民:「自宅には帰れない状態だ。4カ月の赤ちゃんがいて、避難所で一晩過ごすのは大変なので早く移動したい」
 今回の地震で犠牲者は出ていませんが、イタリア当局は今後、数カ月にわたって余震が続くと警戒しています。

こんな記事も読まれています