日本受注決まってたのに…ベトナムが原発計画撤回か[2016/11/10 20:00]

 ベトナム政府は、日本などの受注が決まっていた原発の建設計画を撤回する方向で協議を始めました。

 ベトナム政府は、安定的な電力を供給するため南部のニントゥアン省に原子力発電所を建設することを計画し、2010年に日本などが受注することが決まっていました。しかし、2011年3月に起きた福島第一原発の事故で安全性に関する懸念が高まったほか、財政状況が厳しくなっていることを受けて、ベトナム政府は計画の見直しを迫られていました。ベトナム政府は10日、原発の建設計画の撤回案を国会に提出し、本格的な議論が開始されます。