「幼いころ指導者から性的虐待」 英サッカー選手ら[2016/11/26 10:00]

 イギリスで、引退したサッカー選手らが幼いころに指導者から性的虐待を受けていたと相次いで証言し、衝撃が広がっています。

 元イングランド代表、ポール・スチュワート氏(52):「性的虐待は広く行われていました。公には語られず、ほとんどタブーでした」
 元選手らは、幼いころに所属していた少年チームの指導者から繰り返し性的虐待を受けたと証言していて、サッカー・イングランド代表だったポール・スチュワートさんなどこれまでに6人が被害を告白しています。虐待に関与した指導者は複数いるとみられ、このうち1人は別の少年への性的暴行で有罪判決を受けています。イングランドサッカー協会には同じような被害の相談が100件以上寄せられていて、今後、さらに大きな問題に発展する可能性があります。