中国メディア「鬼を参拝」 靖国参拝に中韓が批判[2016/12/29 11:50]

 稲田防衛大臣の靖国神社参拝を受けて、中国と韓国は批判しています。

 中国は共産党系メディアが稲田大臣の靖国神社参拝を速報で伝えました。中国では旧日本軍を“鬼”と呼んでいて、安倍総理大臣とのハワイ訪問を終え、「和解と言った途端に“鬼”を参拝した」と厳しく批判しています。また、28日に行われた今村復興大臣の参拝に対し、中国外務省は「日本の内閣の一員による参拝は断固として反対だ」と強く反発していました。一方、韓国外務省は「日本の責任ある政治家が過去の侵略戦争を美化し、戦争犯罪者を合祀(ごうし)した靖国神社を参拝したことに対し、深い憂慮と失望を禁じ得ない」とのコメントを発表しました。