習主席が新年のスピーチ「領土、領海で妥協しない」[2017/01/01 05:54]

 中国の習近平国家主席が新年のスピーチを行い、台湾や南シナ海、尖閣諸島などを念頭に、領土、領海の問題で妥協しない方針を強調しました。

 中国・習近平国家主席:「我々は平和発展を堅持し、領土主権と海洋権益は断固、守る。もし、誰かがこの問題で中国に言い掛かりをつけようとしたら、中国の人民は決して許さない」
 また、習主席は、引き続き「虎もハエもたたく」と述べ、党や幹部に対する腐敗摘発を進めていく方針を強調しました。中国共産党は秋に5年に1度の党大会を開き、2期目に入る習体制は新たな最高指導部の人事などを決めます。これに向けて権力闘争はさらに激しくなり、習主席はより一層、締めつけを強めていくとみられます。

こんな記事も読まれています