公務開始も全米でデモ 大統領就任から一夜明け[2017/01/22 06:20]

 アメリカのトランプ大統領は、就任から一夜明けて公務を開始しました。一方、全米の各地では、トランプ大統領に抗議する異例の大規模デモが行われています。

 トランプ大統領は、メラニア夫人とともにワシントンの大聖堂での礼拝に参加しました。礼拝後は、政府機関として初めてCIA(中央情報局)本部を訪れました。トランプ大統領のロシアへの融和姿勢に対してCIAは反発していますが、トランプ大統領はロシアについては言及せず、情報機関を支援すると職員を激励しました。一方、首都ワシントンでは、トランプ大統領が掲げる移民政策や女性蔑視発言などに対して女性を中心としたデモが行われ、歌手のマドンナさんら著名人も参加しています。主催団体は、前日のトランプ大統領の就任式よりも多い50万人以上が集まる見通しだとしていて、会場は抗議する人であふれています。
 デモ参加者:「大統領は女性たちが支持するものすべてに反対する」「人種差別や女性蔑視する大統領が嫌い。国のためにふさわしくない」
 デモはシカゴやロサンゼルスなど全米各地に広がり、就任から一夜明けてもトランプ大統領に反発する動きは収まる気配がありません。

こんな記事も読まれています