新閣僚の初来日は国防長官 駐留経費負担など焦点[2017/01/25 11:54]

 アメリカのマティス国防長官がトランプ政権の閣僚としては初めて来月2日にも日本を訪問し、稲田防衛大臣との会談を調整していることが分かりました。

 マティス長官は来月2日にも来日し、稲田大臣と会談する方向で最終調整しています。日米同盟の関係強化や沖縄の普天間基地移転問題などを話し合うとみられています。また、トランプ大統領が日本に駐留アメリカ軍経費の大幅な負担増を求めている点について、どのような姿勢で臨んでくるかも焦点となります。マティス長官は韓国も訪問する予定で、北朝鮮の弾道ミサイルに対応するため、最新鋭ミサイル迎撃システム「THAAD」の配備について協議する見通しです。

こんな記事も読まれています