メキシコ大統領 トランプ氏との会談中止を発表[2017/01/27 05:50]

 メキシコのペニャニエト大統領は、31日に予定されていたアメリカのトランプ大統領との会談を中止すると発表しました。

 トランプ大統領:「メキシコが米国を尊敬し、公平に扱わない限り、首脳会談は成果がない。違う方法を考える」
 トランプ大統領は26日、ツイッターに「メキシコが壁の建設費を支払わないのなら首脳会談を中止すべきだ」と書き込みました。その後、ペニャニエト大統領も「ホワイトハウスに31日の会談に出席しない意向を伝えた」と書き込み、会談の中止を明らかにしました。会談に応じれば建設費の支払いを認めることになるため、中止したとみられます。また、ホワイトハウスのスパイサー報道官は「トランプ大統領は建設費を支払わせるために、メキシコからの輸入品に20%の税金を掛けることを決定した」と述べました。