正男氏殺害 北朝鮮籍の4人、事件約1時間後に出国[2017/02/22 05:50]

 金正男(キム・ジョンナム)氏が殺害された事件です。マレーシアのメディアは、指示役とされる北朝鮮籍の4人の男が事件の約1時間後には飛行機で出国していたと報じました。

 正男氏は13日午前、クアラルンプールの空港で殺害されました。実行犯は2人の女で、指示役の北朝鮮国籍の4人の男も現場近くの喫茶店にいて、襲撃の行方を確認していたとされています。マレーシアの国営メディア「ベルナマ通信」によりますと、4人の男は、事件の約1時間後の午前9時50分に出発したインドネシアのジャカルタ行きの飛行機に搭乗して出国していたということです。
 マレーシア保健省長官:「分析は本人確認と死因の特定のためだが、どちらもまだ結果を待っている。まだ近親者と名乗り出る人もいない。待っているところだ」
 遺体の科学的な捜査を行っているマレーシアの保健当局は21日に初めて会見し、一部メディアが伝えた正男氏の息子・ハンソル氏が遺体と面会したという報道を否定しました。