パリ国際航空ショー 日本も武器輸出拡大へ売り込み[2017/06/20 05:57]

 世界最大級の航空機の見本市「パリ国際航空ショー」が開幕しました。武器輸出拡大を狙う日本政府も売り込みをかけています。

 潜水艦などの監視に使われる「P−1哨戒機」は、防衛省と川崎重工業が共同開発しました。安倍政権によって「武器輸出三原則」が緩和されたことで、官民挙げて防衛装備品の輸出に力を入れています。
 若宮健嗣防衛副大臣:「フランス側からもP−1に関しては非常に高い評価を頂いております。具体的に色んなレベルで話が進んでいくのではないかと思っています」
 また、三菱重工業が開発している国産ジェット機「MRJ」が初めて展示されました。度重なる開発の遅れが心配されていますが、コックピットや機内を公開するなど性能をアピールしています。