世界で最も短い鉄道が4年ぶり復活 全長91メートル[2017/09/01 17:10]

 全長わずか91メートル、映画にも度々、登場した世界で最も短い鉄道が4年ぶりに復活しました。

 アメリカ・ロサンゼルスの中心部にあるケーブルカー「エンジェルス・フライト」は、安全上の問題で2013年から運転を停止していました。ロサンゼルス市は先月31日、安全性が確認できたとして約4年ぶりに運転を再開しました。片道の料金は以前の2倍となる1ドル約110円で、主に観光客が利用するとみられています。1901年に造られたエンジェルス・フライトは「ラ・ラ・ランド」など数々の映画にも登場しています。

こんな記事も読まれています