フランス、カナダでテロ事件か 刃物男の襲撃相次ぐ[2017/10/02 05:54]

 各地でテロとみられる事件が相次いでいます。フランス南部のマルセイユで男がナイフで通行人を襲い、2人が死亡しました。また、カナダでも男が警官を刺して歩行者をはねる事件が起きています。

 高速鉄道が発着するフランス・マルセイユのサン・シャルル駅で1日、ナイフを持った男が首を切るなどして女性2人を殺害しました。現地メディアによりますと、男は襲撃の際、アラビア語で「神は偉大なり」と叫んだということです。その後、男は軍の兵士に射殺されました。フランスではイスラム過激派によるテロ事件が頻発していて、現地警察のテロ対策部門が捜査に乗り出し、男の身元や動機を調べています。
 また、カナダのエドモントンでは先月30日夜、男がフットボールの試合会場前で警備をしていた警察官を車ではねた後、刃物で複数回、刺しました。その後、別のトラックで逃走して歩行者の列に突っ込み、4人がけがをしました。男は身柄を拘束され、車からは過激派組織「イスラム国」の旗が見つかりました。警察はテロ事件とみて捜査しています。

こんな記事も読まれています