2年ぶり 仏が非常事態宣言解除 テロで期限延長6回[2017/11/01 00:27]

 フランス政府は2年前のパリ同時多発テロ以降、出されていた非常事態宣言を解除しました。

 フランスでは約130人が死亡した2015年11月のパリ同時多発テロ以降、非常事態宣言が出されたままとなっていました。フランス南部ニースでのトラックによるテロやイギリス・マンチェスターでの爆弾テロなど、ヨーロッパで相次いだ大規模なテロを受け、これまで6回にわたって期限が延長されてきました。フランス政府は10月31日に対テロ対策の警察権限を強化する新たな対テロ法案を公布し、非常事態宣言を約2年ぶりに解除しました。

こんな記事も読まれています