ビットコインが6000ドル以上値下がり 警戒感強まる[2017/12/23 04:10]

 今年の初めから急激に値上がりした仮想通貨「ビットコイン」が22日に一時、1日で価格の3分の1にあたる6000ドル以上値下がりし、マーケットでは警戒感が強まっています。

 アメリカの仮想通貨の情報サイト「コインデスク」によりますと、インターネット上で取引されるビットコインが午前に一時、1万1000ドル、日本円で124万円を割り込みました。前日は一時、1万7000ドル台の高値を付けていて、1日で約6000ドル(68万円)以上、4割近い急落となりました。午後には1万2000ドル台まで回復しましたが、価格の乱高下が続いています。アメリカのメディアは、ビットコインから派生した仮想通貨「ビットコイン・キャッシュ」市場で取引が一時停止されたり、韓国の仮想通貨の取引所がハッキング被害で経営破綻するなど、仮想通貨を巡って世界的な混乱が続いていることが背景にあると報じています。