トヨタが次世代「電気自動車」 移動型店舗にも活用[2018/01/09 11:58]

 トヨタ自動車は世界最大規模の技術展示会「CES」の開幕を前に記者会見し、人や物を運ぶだけでなく、移動型の店舗などにも活用できる新しい電気自動車を発表しました。

 トヨタ自動車・豊田章男社長:「eパレットはトヨタの自動運転のビジネス運用ビジョンの一つの例です」
 トヨタが発表したeパレットは自動運転の技術を活用して人の移動や物流、移動型の店舗など、幅広く利用できる次世代の電気自動車です。インターネット通販のアマゾンなど5社と提携し、車を売るだけでなく、安全性や決済などのサービス面での収益の拡大を図ります。2020年の東京オリンピックで実験を行い、2020年代前半の実用化を目指します。