ラスベガスで家電・IT見本市 日本のAIロボット登場[2018/01/10 05:58]

 アメリカ・ラスベガスで、世界最大級の家電・IT(情報技術)見本市「CES」が開幕し、日本が得意とする最先端のロボットなどが公開されました。

 日本時間の10日午前3時に開幕したCESでは、AI(人工知能)を搭載したロボットが相次いで登場しました。ホンダは、人混みなどで歩行者を誘導するロボットを初公開しました。ソニーは、12年ぶりに復活した犬型ロボット「aibo」などで技術力をアピールします。また、ヤマハ発動機は時速200キロ以上で走行できるバイクロボットを展示していて、健康関連機器のオムロンは世界初の卓球ロボットなどで来場者の注目を集めています。