ロシアで最低気温マイナス60度下回る 男性2人凍死[2018/01/19 05:54]

 ロシアの極東地域では、最低気温がマイナス60度を下回るなどの記録的な寒さが続いています。地元メディアによりますと、男性2人が凍死する事故も起きました。

 ロシア極東のサハ共和国では16日にマイナス67度まで気温が下がり、これまでに100以上の学校が休校となりました。地元メディアによりますと、車が故障したため、徒歩で移動していた20代の男性2人が凍死する事故も起きています。ロシアではこの時期、川などに張った氷に穴を開けて飛び込む習慣がありますが、「命の危険がある」として地元当局は飛び込みを禁止する通達を出しました。

こんな記事も読まれています