故郷でも「法律守るべき」大砂嵐関が無免許で事故か[2018/01/22 11:54]

 大相撲の十両・大砂嵐が無免許運転で追突事故を起こしたとして捜査を受けています。大砂嵐関の出身地エジプトでも「日本の法律を守るべきだ」と厳しい声が上がっています。

 事故は3日、大砂嵐関が長野県にスキーに行った帰りに起きました。捜査関係者によりますと、大砂嵐関は当初、「運転していたのは妻だ」と説明していたということです。大砂嵐関の出身地エジプトでは日本のシステムに従うべきだったといった声が上がっています。
 エジプト市民:「彼はエジプト的な思考で考えているのかもしれないが、それは正しくない。日本の人々や法律を尊重すべきだ」「彼は免許証を更新すべきだったし、日本のシステムに従うべきだ」
 日本相撲協会は現役力士の運転を禁じています。大砂嵐関は1月場所を22日から休場します。

こんな記事も読まれています