五輪開幕式 韓国と北朝鮮3大会ぶり合同入場行進[2018/02/09 21:46]

 平昌(ピョンチャン)オリンピックの開会式が開かれ、北朝鮮の金正恩委員長の妹、金与正(キム・ヨジョン)氏も見守るなか、韓国と北朝鮮が3大会ぶりに合同で入場行進しました。

 韓国と北朝鮮の選手がオリンピックで合同入場行進したのは、2006年トリノ冬季大会以来です。会場の貴賓席には、安倍総理大臣やアメリカのペンス副大統領、韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領、北朝鮮の権力序列2位の金永南(キム・ヨンナム)氏と与正氏などが座りました。与正氏は合同入場行進が行われると立ち上がり、笑顔で手を振って選手らに応えました。10日午前にはソウルにある大統領府で文大統領と面会し、昼食を食べる予定です。