北朝鮮応援団 竹島が描かれた“南北統一旗”で声援[2018/02/10 02:07]

 オリンピックの開会式で、北朝鮮の応援団が島根県の竹島が入った南北統一旗を振りました。日本政府が問題視する可能性があります。

 平昌(ピョンチャン)オリンピックの開会式に出席した北朝鮮の女性応援団は、式が終わった後、約10分間にわたり数曲の民謡を歌いました。その際、手に持っていた南北統一旗には、日本と韓国が領有権を主張する竹島が描かれていました。韓国政府は、竹島が入った南北統一旗をオリンピックで使用しない考えを示していましたが、北朝鮮が持ち込むことを制限できませんでした。北朝鮮側には、あえて使用することで日韓の間にくさびを打とうとする思惑があるものとみられます。