ロンドンでお披露目 釜石発の指輪が世界デビュー[2018/02/20 05:55]

 岩手県釜石市の企業が東日本大震災を乗り越えて製造した新しい金属素材を使った指輪が、ロンドンのファッションショーで世界にお披露目されました。

 アイルランド出身の世界的デザイナー、ポール・コステロさんのファッションショーで披露された指輪には、釜石市の製造業「エイワ」が東北大学などと開発したコバルト合金「コバリオン」が使われています。コバリオンは金属アレルギーの原因となるニッケルをほとんど含まず、シルバーの4倍の硬さとプラチナと同じ輝きを持つのが特徴です。
 ポール・コステロさん:「この企画に参加し、釜石の復興に参加できることをとてもうれしく思います。私ができる方法で貢献していきたいです」
 コステロさんはエイワの招きで去年3月に釜石を視察し、復興を支援するため指輪のデザインを引き受けました。ハートと波のデザインには「津波を乗り越え、被災地とアイルランドを愛と友情で結ぶ」という思いが込められています。指輪は日本国内ではすでに販売されていて、売り上げの一部は復興支援に充てられます。