北朝鮮がプルトニウム生産再開か 炉から蒸気も…[2018/03/06 10:32]

 アメリカの研究グループが北朝鮮の核施設で核兵器の原料となるプルトニウムの生産が再開されたとみられるという分析を明らかにしました。

 アメリカの「38ノース」は北朝鮮北西部・寧辺(ニョンビョン)の核施設を写した衛星画像を公開しました。先月17日と25日に撮影された画像では原子炉から蒸気が立ち上っているのが確認されたとして、「稼働していればプルトニウムの生産が再開されたことになる。核兵器開発のためだろう」と指摘しました。また、近くの川で氷が解けていることから、冷却水を排出するパイプラインが川の中まで伸びた可能性があると指摘しました。