アメリカのTPP復帰は? 農業団体は熱望「有益だ」[2018/03/09 05:52]

 アメリカのトランプ政権はTPP(環太平洋経済連携協定)の内容がアメリカに有利なものに変更されれば復帰を検討するとしていて、農業団体からは復帰を求める声が高まっています。

 農業団体代表・ウエストマン氏:「自由貿易協定が農業に有益なことは証明されている。我々はNAFTA(北米自由貿易協定)やTPPを支持する」
 アメリカでは先月、200以上の農家や企業が所属する農業団体が政府にTPP復帰を求める書簡を出したほか、共和党の上院議員25人もトランプ大統領にTPP復帰を訴えました。トランプ大統領は復帰の可能性を示唆していますが、アメリカに有利になるような変更を求めていて、二国間交渉への意欲も捨てていません。ホワイトハウスの高官は、ANNの取材に「トランプ大統領の残り3年の任期中に復帰するのは難しい」と話しました。