トランプ氏「5月までに会う」 米朝首脳会談要請に[2018/03/09 11:45]

 北朝鮮の金正恩委員長がアメリカのトランプ大統領との会談の意向を示し、トランプ大統領が応じました。ワシントンから報告です。

 (高羽佑輔記者報告)
 トランプ政権はこれまで、対話の条件として北朝鮮の非核化への真剣な姿勢を求めてきましたが、今回はその評価は棚上げをして、非核化をあくまで目的として対話に臨む意向を示しました。
 韓国・鄭義溶(チョン・ウィヨン)国家安保室長:「トランプ大統領は恒久的な非核化を達成するため、5月までに金委員長に会う意向を示した」
 トランプ大統領は、ツイッターで「合意がなされるまで制裁は続く」と投稿し、制裁の解除を交渉の過程で取引に使う可能性も示唆しました。北朝鮮側の姿勢には疑問を持つ専門家も多く、「核の廃棄という前提条件を明確にするべきだ」と反対する声が相次いでいます。トランプ大統領は韓国側の発表の前に普段、顔を出さないホワイトハウスの会見場にわざわざ来て、記者団に発表の告知をしたほどの力の入れようでした。アメリカのメディアは「金委員長はトランプ大統領の目立ちたがりな性格を把握していて、今回、一気にトップ会談を申し入れたのではないか」という見方を示しています。