米が中国に高関税措置発動 知的財産権侵害を理由に[2018/03/23 05:53]

 アメリカのトランプ大統領は、知的財産権侵害を理由に中国から輸入する製品のうち年間5兆円相当に高い関税を課す制裁措置を発表しました。

 トランプ米大統領:「対中貿易赤字は史上最大だ。もはや制御不能だ」
 トランプ政権は、中国がアメリカ企業の知的財産権を侵害していることを制裁措置の理由としました。対象となる製品は、約1300品目からアメリカ企業などの意見を踏まえて決定します。制裁対象の総額は約5兆2000億円で、中国から1年間で輸入されるものの約1割にあたります。さらに、中国の政府系企業によるアメリカ企業買収を防ぐため、中国企業の対米投資制限も行います。
 中国外務省・華春瑩副報道局長:「中国は(米国によって)合法的な権益が損なわれることを座視せず、必要な措置を取り、自らの合法的な利益を守る」
 一方、中国商務省は22日にアメリカに先立ち声明を発表し、「アメリカが唱える単独主義と貿易保護主義に断固として反対する」と述べ、報復措置を辞さない考えを示しました。