麻生財務大臣 テレビ朝日側に説明求める方針[2018/04/20 11:48]

 財務省の福田淳一事務次官によるセクハラ問題で、テレビ朝日が社員が被害を受けたと明らかにしたことについて、訪米中の麻生財務大臣は、弁護士を通じてテレビ朝日側に説明を求める方針を明らかにしました。

 19日にワシントンに到着した麻生大臣は、G20(財務大臣・中央銀行総裁会議)のワーキングディナーに出席しました。
 麻生財務大臣:「会社としての抗議ということですから、しっかり受け止めなければいけないですが、まずはお話をきちんと伺う必要がある」
 麻生大臣はその後の会見で、福田次官のセクハラ問題について、テレビ朝日の抗議を受け、弁護士を通じてテレビ朝日側に説明を求める意向を示しました。自らの進退については「考えていない」と辞任を否定しました。

こんな記事も読まれています