男「アラーは偉大なり」 パリでテロか 5人死傷[2018/05/13 11:47]

 パリの中心部でナイフを使ったテロとみられる事件が起きました。1人が死亡し、4人がけがをしています。

 捜査当局によりますと、12日午後9時ごろ、パリ中心部のオペラ地区でナイフを持った男が通行人を襲って29歳の男性が死亡し、男女4人がけがをして、このうち2人が重傷だということです。男は警察に射殺されました。
 目撃者:「現場に着いた時、被害者は意識があった。何かしゃべっていたが、よく聞こえなかった。そしたら銃声が2発、聞こえた」
 男は犯行の際、「アラーは偉大なり」と叫んでいたことが分かっています。過激派組織「イスラム国」系のメディア「アマーク通信」は、男について「『イスラム国』の戦士だ」という声明を出しています。パリの日本大使館によりますと、「日本人が被害に遭ったという情報は今のところない」ということです。